最安値公式サイトはこちら!


●ニキビを予防!!!

ニキビを防ぐには予防が一番です。ニキビができにくい肌を作っていきましょう!

ニキビの原因は、毛穴の詰まり、睡眠や運動不足・ストレスなどがあげられます。

しかし、なかなか睡眠を確保したりストレスをゼロにするなどは難しいですよね・・・。
そこで、普段のスキンケアでニキビ予防をしていきましょう。

 

~スキンケア~

ニキビを防ぐには、過剰な皮脂を取り、毛穴を詰まらせないことが大切になってきます。

*オイルクレンジングにはご注意を・・・*
メイクをしている日は、クレンジングがとても大切になってきます。

毛穴の中に詰まっているメイクの残りなどを落とし切れていないとすぐにニキビの元となってしまいます。

しかし、落としたいからオイルクレンジングを使う人がたくさんいますが、これは気を付けるべきです。

ニキビは、過剰に皮脂が分泌され炎症を起こしています。そんな上に、油分をつけてしまうと・・・。

余計悪化し、またニキビを作りやすくしてしまいます。。

 

おススメクレンジング
(オイルの少ないクレンジング)

・ジェルクレンジング
・クリームクレンジング
・ミルクタイプクレンジング

 

~洗顔~

ニキビができているところは、皮脂の分泌が盛んになっているので、脂っぽくなっているところはしっかりと洗いましょう。

しかし、1日に何回も洗顔をするのはNGです。

肌の本来の脂もすべて流されてしまい、

乾燥又は違うトラブルの原因にもなりうるのです。

その結果、毛穴を余計詰まらせてしまうのです。。

 

~保湿の大切さ~

ニキビの原因は乾燥も関係しています。乾燥していると、毛穴の出入り口の角質が厚くなって余計に毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。。しっかり保湿をしてあげてください。

 

○ニキビに効果のある成分

・ビタミンC誘導体・・・皮脂を抑えてくれる働きをもっています。

 

○注意するべき成分

・油性のスキンケアコスメ
*油分は余計ニキビの栄養源となってしまいます。成分表を買う前にチェックして、

なるべく「ノンコメンドジェニック」と表示されているものを選んだり、油分の少ない化粧品を選ぶようにしてください。

 

●肌に良い食べ物

いくらいいスキンケアを使っても、インナーケア(体の内側)から綺麗にしていかないと効果はあらわれません。

肌のきれいな人は、食べるものにも気を付けています。努力あっての美肌なのでしっかり学んでいきましょうね!

 

○ニキビによい食べ物とは・・・

ニキビに良い食べ物を気にかけていけば効果が表れたという方が多数聞かれます。

ニキビも内側からのケアで直りが早まったり、ニキビができにくい体質になったりといいことづくしです。

逆に、体に必要な栄養が足りていないため、肌トラブルが起きてしまうのです。

 

・ビタミン類

ビタミンはニキビケアのみならず肌には欠かせない大事な栄養素となってきます。

作用は、「肌の生まれ変わりをサポート」「皮膚や髪に栄養を届ける」「神経や血管などで体全体に栄養を運ぶ役割」などをしています。

○ビタミンB2、B3(ナイアシン)
→納豆・卵・うなぎ・唐辛子・カマンベールチーズ

○ビタミンB6
→マグロ・ニンニク・鶏肉・牛肉・抹茶

○ビタミンB5
→卵

○ビタミンB12
→レバー

○ビタミンC・・・抗菌作用で活性化酸素から肌を守る役割をしています。

また、ニキビ跡やニキビ炎症に効果的でニキビで悩む人は必ず知っておきたい栄養素です。

→ピーマン・黄ピーマン・アセロラジュース・ビタミンジュース・ブロッコリー・キュウイ

○ビタミンE
→あんきも・いくら・すじこ・キャビア

○ビタミンA・・・ニキビのアクネ菌と戦う成分
→ニンジン・ほうれん草・卵・うなぎ・鳥レバー・豚レバー

○食物繊維・・・体の不要物を出さないと肌にとっても悪影響なので毎日のお通じは欠かせません!
→芋・バナナ・しいたけ・大豆・ブロッコリー・野菜

○コラーゲン・・・肌の弾力を保つ働きがあります。
→手羽先・うなぎ・ゼリー・プリン

○ミネラル・・・コラーゲンを作るために必要な要素
→レバー・牛肉・きな粉・煮干し・するめ

肌を内側からケアしてきれになっていきましょう!

 

●ニキビ  

1度はできて悩んだことがあると思います。

一度できるとなかなか治らなく、困っている人も多いと思います。

ニキビに効く薬を塗っているのに効果があらわれない!!

スキンケアを間違っていたらどんなによい薬でも効果は表れませんよ。

きちんとしたスキンケアを学んでニキビ0を目指しましょう!

 

★ニキビを作らない洗顔方法★

・洗顔    

ニキビのもとは、毛穴つまりや乾燥です。。   

①固形せっけんを使いましょう!   

固形せっけんは、洗顔効果を高めてくれ、    

毛穴詰まりにはもってこいの洗顔剤なのです。   

 

②洗顔の前に蒸しタオルを!!        

今面倒だな・・・って感じた方いませんか?    

本気でニキビと向かい合うためなら、    

なんでも実践すべきです。やる前から諦めるのはもったいないです。   

 

ぜひ、これはおススメですよ!!     

*蒸しタオルの利点*       

蒸しタオルって最強なんですよ!!    

毛穴の汚れをとりニキビ予防になります。    

またそれだけでなく、肌にうるおいを与えてくれ生き生きさせれくれます。    

使用後は肌の見た目が断然違ってきます。  

~蒸しタオルの作り方~      

①緩めに絞ったタオルをレンジに入れる     

②40秒~1分     

③1分間顔において毛穴を広げる。     

③TゾーンからUゾーンにかけて洗顔していきましょう。   

④もっちりな泡で洗顔しましょう!    

手のひらが当たらないように優しく洗ってくださいね。

  

・おススメ洗顔     

・牛乳石鹸(青)・・・この石鹸すごいです。

この石鹸の成分にはミルクバター線分が入っており、角質落としにすぐれているのです。   

・良くない洗顔    

・石油系界面活性剤     

・合成界面活性剤   

 

・クレンジング   

 ①手のひらで洗わない。     

手のひらで洗うと気づかないうちに力が入ってしまうので、     

必ず指の腹であらうようにしてくださいね。  

  

②w洗顔はなるべく控えましょう!     

メイクをしていない日は、クレンジングを控えましょう。     

2回洗顔すること自体肌に良くないので、     

メイクをしない日をつくるのもよいですね。    

・おすすめクレンジング    

・クリームタイプのクレンジング *メイクの濃いい部分は部分によってクレンジングを変えましょう!

また、メイクを薄めにするのもニキビ肌予防ともなりますよ!  

 

・保湿   

①お風呂からあがって1分以内に保湿を行なってください。   

 ニキビに乾燥は大敵です。必ずしっかり保湿をおこなってくださいね!   ②コットンではなく手で!    

手の体温でしっかり保湿しましょう!ぴたっと吸い付くまで優しく塗りましょう!   

・ニキビによい成分    

・消炎成分    

・ビタミンC    

・ノンオイル   

 ・ノンアルコール

 

ニキビができちゃった・・・どうしよう。   

・ニキビによって薬を塗るのも手です!     

○赤ニキビ・・・テラ・コートル、オロナイン     

○黄ニキビ・・・テラ・コートル     

○白ニキビ・・・ペアアクネクリーム

*ニキビができて気になると思いますが、絶対につぶさないでくださいね。爪などでつぶしてしまうと余計菌が増殖してニキビがひどくなったり広がったりしてしまいますよ!

 

●肌別メイク編

人それぞれ肌の質は異なります。その人その人にあった化粧品を使わないと「メイク崩れ」や「肌荒れ」にもなりますのでしっかり見ていきたいと思います。

○ニキビ肌の人のためのメイク

ニキビはだを見られたくないからどうしても厚塗りになってしまう・・・。多くの人が直面していると思います。しかし、この厚塗りがニキビの原因ともなってしまうのです。じゃあ、どうすればいいの!? その方法をお伝えしていきます。

 

★ファンデーション

①ファンデーションは薄く化粧下地は濃いめで。 まずは、自分に合ったファンデーションを見つけてください。ここでポイント!

 

②リキットではなく、パウダーファンデーションを使いましょう。少しでも肌に刺激の少ないものを使いましょう!
*成分表を見て、紫外線対策がしっかりとできているものかを見てください。

 

★下地選び

①「コントロールカラー」や「ハイライトカラー」がおススメです。また、ニキビの色に合わせるとより目立たにくくできます。

○茶色いニキビ→イエロー系下地
○赤色ニキビ→グリーン系下地

 

★コンシーラー

コンシーラーは、下地の後にニキビの周りから塗っていきましょう。そうして肌になじませて軽くニキビに塗りましょう!
ここで目立つからとたくさん塗ってしまうと悪化させてしまうのでくれぐれもご注意を。



>>Eclat Charme(エクラシャルム)の公式サイトはこちら!



最安値公式サイトはこちら!