最安値公式サイトはこちら!


●シミとシワ

シミとシワ・・・これは、老化と共にどんどん増えていきますね。

仕方がないと言えば仕方がないことなのですが、でも同じ年なのにあの人の方が若く見える!!

そんな経験ありませんか?

実は、シミとシワにはきちんとした理由があり、
対策をしていれば少しでも抑えることはできるのです。

・シミとシワになる原因とは・・・

「紫外線です!!!」

何度も何度も出てくるこの紫外線・・・。

本当に肌にとって悪影響しかないんです・・・。そして、ここで20代や10代で記事を読まれている方。

私はまだシワなんてないから大丈夫って決して思わないでくださいね!!必ずシワはできて、若いころの蓄積が年をとってからくるので・・・。

後悔しないようにしっかりと読んでくださいね。

紫外線を浴びるとどうなるの・・・?

肌は、「表皮・真皮・皮下組織」の3つで構成されています。「肌の構造」で詳しく書いています。真ん中の真皮と表皮の間には「メラニンサイト」というものがあります。

この細胞は、紫外線が肌の表皮に達することを防ぐため「メラニン色素」を出します。

なんだ、メラニンがいるから大丈夫だ!!

待ってください、これが大変なのです。つまり、紫外線を肌に浴びないようにメラニンが防いでくれるのですが、そのせいでメラニンは紫外線を浴びてしまい焼けてしまいます。

これが日焼けになるのですが、大量に焼けてしまうと・・・そうですシミの出来上がりなのです。

また、日焼けした後に赤くなってそのまま白くなるのは紫外線から肌を守れていないのでシワの原因となってしまうのです。

★若いからすぐに日焼けしても大丈夫!→どんどんメラニンが焼けてしまい焼けた肌の色が戻らなくなってきますよ。

★日焼けしても赤くなってすぐに戻るから大丈夫→シワになる要素を蓄積してきていますよ。

・では、「シミ」「シワ」を作らないための予防・・・
残念ながら完全に予防することはできません。が、少しでも遅くそして少なくする方法はあります。先ほどの原因を読まれていたらすぐにわかりますね。そうです、紫外線対策です!!

①1年中紫外線対策を行いましょう。
②こまめに日焼け止めクリームを塗りましょう。
③部屋にいるときも、日焼け止めを塗りましょう。

こうして毎日自分の将来の肌の事を考える方は、必ずその後他の人と差がつくでしょう。そして、鏡を見るのが好きになるはずです。頑張っていきましょうね!

●肌に良い食べ物
 いくらいいスキンケアを使っても、インナーケア(体の内側)から綺麗にしていかないと効果はあられません。
肌のきれいな人は、食べるものにも気を使っています!
努力あっての美肌なのでしっかり学んでいきましょうね!
 ○シミに効くよい食べ物とは・・・
  代謝の悪化や腸内環境の悪化の為、それが肌トラブルを引き起こし油肌を招いている部分も多くあります。
 よって、食を気にしていけば、内側から健康になりより美肌への近道となるのです!
 シミから脱出しましょう!

  ・ビタミン類
   ビタミンはシミのみならず肌には欠かせない大事な栄養素となってきます。
  ≪作用≫
   「肌の生まれ変わりをサポート」「皮膚や髪に栄養を届ける」「神経や血管などで体全体に栄養を運ぶ役割」

   ○ビタミンB2
    →納豆・卵・うなぎ・唐辛子・カマンベールチーズ
   ○ビタミンB6
    →マグロ・ニンニク・鶏肉・牛肉・抹茶
   ○ビタミンB5
    →卵
   ○ビタミンB12
    →レバー

   ○ビタミンC・・・抗菌作用で活性化酸素から肌を守る役割をしています。
    →ピーマン・黄ピーマン・アセロラジュース・ビタミンジュース・ブロッコリー・キュウイ

   ○ビタミンE
    →あんきも・いくら・すじこ・キャビア

   ○ビタミンA・・・皮脂のうるおいを保つ・代謝を高める
    →ニンジン・ほうれん草・卵・うなぎ・鳥レバー・豚レバー

   ○たんぱく質・・・肌のバリア機能を守り健康な肌を保つ役割をしています。
    →卵・大豆・魚・肉

   ○食物繊維・・・体の不要物を出さないと肌にとっても悪影響なので毎日のお通じは欠かせません!
    →芋・バナナ・しいたけ・大豆・ブロッコリー・野菜
 
   
   ○セラミド・・・肌のうるおいを保ち、紫外線を寄せ付けないような機能があります。
    →こんにゃく・大豆・ほうれん草・ヨーグルト・ひじき
   
   ○ミネラル・・・コラーゲンを作るために必要な要素
    →レバー・牛肉・きな粉・煮干し・するめ
 
   ○鉄
    →牛赤身肉・カツオ・マグロ・レバー
●肌に良い食べ物
 いくらいいスキンケアを使っても、インナーケア(体の内側)から綺麗にしていかないと効果はあられません。
肌のきれいな人は、食べるものにも気を付けています。努力あっての美肌なのでしっかり学んでいきましょうね!

 ○シワに効くよい食べ物とは・・・
  代謝の悪化や腸内環境の悪化の為、それが肌トラブルを引き起こしている部分も多くあります。
 よって、食を気にしていけば、内側から健康になりより美肌への近道となるのです!
 シワから脱出しましょう!

  ・ビタミン類
   ビタミンはシワのみならず肌には欠かせない大事な栄養素となってきます。
   ≪作用≫
「肌の生まれ変わりをサポート」「皮膚や髪に栄養を届ける」「神経や血管などで体全体に栄養を運ぶ役割」

   ○ビタミンB2
    →納豆・卵・うなぎ・唐辛子・カマンベールチーズ
   ○ビタミンB6
    →マグロ・ニンニク・鶏肉・牛肉・抹茶
   ○ビタミンB5
    →卵
   ○ビタミンB12
    →レバー

   ○ビタミンC・・・抗菌作用で活性化酸素から肌を守る役割をしています。
    →ピーマン・黄ピーマン・アセロラジュース・ビタミンジュース・ブロッコリー・キュウイ

   ○ビタミンE
    →あんきも・いくら・すじこ・キャビア

   ○ビタミンA・・・皮脂のうるおいを保つ・代謝を高める
    →ニンジン・ほうれん草・卵・うなぎ・鳥レバー・豚レバー

   ○たんぱく質・・・肌のバリア機能を守り健康な肌を保つ役割をしています。
    →卵・大豆・魚・肉

   ○食物繊維・・・体の不要物を出さないと肌にとっても悪影響なので毎日のお通じは欠かせません!
    →芋・バナナ・しいたけ・大豆・ブロッコリー・野菜
 
   
   ○セラミド・・・肌のうるおいを保ち、紫外線を寄せ付けないような機能があります。
    →こんにゃく・大豆・ほうれん草・ヨーグルト・ひじき
   
   ○ミネラル・・・コラーゲンを作るために必要な要素
    →レバー・牛肉・きな粉・煮干し・するめ
 
   ○コラーゲン・・・肌の弾力を保つ働きがあります。
    →手羽先・うなぎ・ゼリー・プリン   

   ○エラグ酸・・・メラニンの生成を抑制する働き。
    →イチゴ・ラズベリー・ブドウ・ザクロ

   ○コエンザイムQ10・・・抗酸化作用や新陳代謝を活発化、また「若返りの救世主」とも言われています。
    →肉類・魚類・大豆
   
   ○オメガ3脂肪酸・・・新しい皮膚へと導いく役割をしています。
    →鮭・マグロ・ほうれん草・大豆
○シミ・そばかすの人のためのメイク
 シミ・そばかすを隠したいけど、なかなか隠れにくいですよね。また、つい厚塗りになっていませんか?
今回は、シミ・そばかすの人のためのメイクをお伝えしたいと思います。

 ★化粧下地
  ①化粧下地がカギ!!
   シミ・シワには、化粧下地が大切になってくるので、自分の肌に合ったものを探しましょう。
   ・シミには・・・オレンジ系の下地
   ・シワには・・・イエロー系の下地

 ★ファンデーション
  ①パウダーかリキットファンデがおすすめです。

*化粧をする時のポイント!
 ・パウダーファンデーション→下地・コンシーラー・ファンデの順で。
 ・リキットファンデーション→下地・ファンデーション・コンシーラー・パウダーの順で。

 ★コンシーラー
  ①コンシーラーは、周りから攻めていく。
   コンシーラーは気になるところの周りから塗っていってください。
   少量を何度も塗るのがポイントになってきます。
   そして、コンシーラーを塗ったところのファンデは、軽くにしてくださいね。

 ★化粧直し
  ①筆タイプのコンシーラーがおススメ
   ファンデーションとの愛情が良く、気になるところも隠れやすいです。
   塗る前は、しっかりあぶらとり紙でふき取ってから使ってくださいね。
   そのあとは、軽くファンデを塗ってください。

●美しい顔になるためのエクササイズ
 
 ・シワ
  ここで初めに言っておきますが、シワは老化によってひきおこってくるので防ぎようはありません。しかし、遅らせたり薄くしたりすることは可能です。今回は、その方法をお伝えしたいと思います。

 ・シワによっていろいろな種類がある
   ○真皮のシワ
    →コラーゲンの減少
   ○表皮のシワ
    →皮膚の表面の水分不足で細かいシワとなる
   ○表情シワ  
    →いつも同じ表情でシワがついてしまう

 ・シワに効くエクササイズ

   【ほうれい線】
   ①口笛をする口をする。
    口笛を吹く口をするだけです。

   ②舌回し
    口を「お」の口に開いて唇を前に出して口をすぼめる。
次に、下でほうれい線を押し出すように舌でグルリと回す。右回り、左周りを5周ずつおこなってください。

   ③ほっぺた膨らまし
    方頬を膨らませるだけです。これを左右3回ほど繰り返します。

   【目のシワ】
    ①目をぎゅっとつぶって開く
     はじめは、大きく目をひらいてください。
     *ここで、額にシワを作らないようにしてください。
     そのあと瞼をぎゅっと閉じてください。
     これを5回繰り返してください。

持続することがとっても大切なので、時間があるときや気づいたときなどするようにしてみてくださいね。


>>Eclat Charme(エクラシャルム)の公式サイトはこちら!



最安値公式サイトはこちら!